読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田健一のブログ

業務に強いフリーITエンジニア 山田健一のブログです

Windows+VirtualBox+UbuntuでRails開発

私はフリーITエンジニアとして、業務分析、業務改善提案を含む設計、製造、受入検査を含む検査、システム運用開始後の運用改善提案など、様々な分野を担当しています。

 

yamadaken1.hatenablog.com

でも書きましたが、友人から「WindowsRailsはやめなさい」とアドバイスをもらったので、Windows+VirtualBox+UbuntuRails開発の環境設定について報告します。

ほとんどが、リンク情報ですけど。。。

 

VirtualBoxは知る人ぞ知るフリーの仮想環境です。

Oracle VM VirtualBox

VirtualBoxをインストールしておくと、Ubuntu の仮想ハードディスクイメージを入手することでUbuntu のインストール時間を省くことができます。

仮想ハードディスクイメージのダウンロード | Ubuntu Japanese Team


私のPCはWinsows8.1 64bit で、8GBのメモリーを積んでいるので、Ubuntu のメモリサイズは2048MBにしました。

 

pc-karuma.net

を参考にして、OS間のクリップボードを共有しておきます。
私はWindowsで、いろいろなサイトを検索し、そこからの情報をコピーして、Ubuntuに貼り付けるようにしました。

Ubuntuターミナルでの貼り付けは Shift+Ins です。

 

www.oiax.jp

というサイトを参考にRuby on Rails をインストールします。
このサイト、とても丁寧に書かれていておすすめです。

 

qiita.com

これもよいサイトですが、postgresのパスワード変更は、ちょっと事情が変わっていました。

postgresのパスワード変更は

UbuntuでPostgreSQLを使ってみよう (2) — Let's Postgres

を参考にしました。

pgAdminインストールは

Ubuntu 14.04にpgAdminの最新バージョンをインストールする - Symfoware

を参考にしましたが、うまくコマンドが動かなかったので、
結局、


sudo apt-get install pgadmin3

 

でインストールできちゃいました。

さて、Aptana Studio です。
Windowsではいろいろ手こずったので、Eclipseから動かすことにしました。
Eclipseさえ、入れてしまえば、後はWindowsと同じ手順でAptana Studio がインストールできます。

Eclipseに先立ち、JDKをインストールします。
すみません。試行錯誤の上、インストールに成功したので、情報ソースについて、書き留めていませんでした。
多分、

qiita.com

でよかったと思います。
ちなみに検索ワードは「ubuntu jdk8 インストール」です。

Eclipseのインストールは試行錯誤しましたが、


sudo apt-get install eclipse-platform

でよかったみたいです。インストール状況を見ているとjreも一緒にインストールしているみたいでした。

Aptana Studioのインストールは次のサイトが参考になります。

www.system-act.com

Railsプロジェクトもeclipseから作成できました。

f:id:yamadaken1:20160304103413j:plain

インストールされたeclipseのバージョンが低いのでバージョンアップしたいとか、
Ubuntuの速度を上げたいとか、
いろいろ欲求はありますが、とりあえず環境設定は一区切りです。