山田健一のブログ

業務に強いフリーITエンジニア 山田健一のブログです

経ヶ岳バーティカルリミット北沢山コース試走

経ヶ岳バーティカルリミット北沢山コース(私が勝手に呼んでいるだけですが)を試走してきました。

未整備区間があるため、1人では心配なため、KTFのK倉さんを誘って、同行してもらいました。
仲仙寺に車2台で集合し、1台の車で大泉所登山口まで行き、中尾ルート経由で経ヶ岳へ登り、仲仙寺へ降りてきて、車を回収に行く計画です。

大泉所登山口から中尾ルートに向かいゆっくりと走り出しましたが、体が重い感じがします。それでも頑張って、山道入口までゆっくりですが、走り続けることができました。
途中で、K倉さんが、鎌で笹を刈りながら先に行ってくれました。たくましいですね。
なんとか追いつき、妖精スポットで記念撮影

f:id:yamadaken1:20200627213001j:plain

妖精スポット

f:id:yamadaken1:20200627213028j:plain

K倉さんと妖精スポットでツーショット

その後、黒沢山分岐、8合目と9合目の間の分岐、9合目とゆっくりですが、順調に進むことができました。
9合目から降りたところから始まるご褒美坂(山田命名)も走ることができました。

山頂には2時間半くらいで到着しました。大芝高原から大泉所登山口までをサボっているので、私としては普通のタイムです。
スタートが重かった割にはいい感じでした。

f:id:yamadaken1:20200627213135j:plain

山頂

f:id:yamadaken1:20200627213159j:plain

先日立てた道標の前でK倉さんとツーショット

少し休んで北沢山へ向かいます。

f:id:yamadaken1:20200627213243j:plain

北沢山へ向かう

北沢山到着が9:55頃。山頂から1時間くらいかかりました。やっぱり下りは遅いですね。
さて、これからが今日の本番です。
北沢山から経ヶ岳林道を目指します。経ヶ岳林道から北沢山へは登ったことがあります。最初はわかりやすい道でしたが、最後が笹原でよくわからなくなりました。今回は上から下へと方向が違うため、ちょっと不安です。

f:id:yamadaken1:20200627213329j:plain

笹原の中を進む

順調に降りていきましたが、どうも雰囲気が違います。
私のスマホGPSの調子が悪く、現在位置がよくつかめません。
K倉さんのスマホの調子が良かったので、K倉さんを頼り、リカバリしましたが、結構な笹の中を進んだので、少し疲れました。
進みやすい道に着き、順調に下りていきます。

f:id:yamadaken1:20200627213418j:plain

進みやすいを進む

経ヶ岳林道に着き、少し休憩してから、本日の次の難所に向かいます。
7合目へ向かう尾根への直登です。
昨日の雨のせいか、取っ付きが滑りやすく苦労しましたが、なんとかいい感じに進んでいくことができました。
ところが、大量の笹に前を阻まれ、心折れました。
7合目へ向かう尾根に着きさえすれば、後はそれほど辛くないはずですが、いかに7合目へ向かう尾根に到着するかが課題ですねとK倉さんと話しながら、経ヶ岳林道へ降りていきました。

f:id:yamadaken1:20200627213515j:plain

諦めて下りてくるところ

経ヶ岳林道へ戻り、経ヶ岳林道を下ります。
伊那側ゲートを過ぎた駐車場から、日を改めてルートを探すことにして、経ヶ岳林道を下りました。
途中、未舗装林道経由で、植物園展望台、仲仙寺上の展望台、仲仙寺と下り、今日の行程は終了です。

仲仙寺手前で、太もももの筋肉が悲鳴を上げてきたのでKODAのエナジージェルを投入した所、筋肉の調子が良くなりました。

補給が大事ということを実感できたのは大きな収穫です。

途中で心折れたのは悔しいけれど、楽しい1日でした。

今日の軌跡です。

f:id:yamadaken1:20200627213614p:plain

今日の軌跡(地理院地図)

 

権兵衛峠ルート開通記念経ヶ岳登山

本日、経ヶ岳友の会の「権兵衛峠ルート開通記念経ヶ岳登山」に参加してきました。

記念登山ですが、道標設置も兼ねていますので、参加者で道標や、道標支柱を分担して運びます。
私は「途中で下ろすのが面倒」という理由で、山頂の道標と支柱を山頂まで運ぶことにしました。

車に分乗し、旧国道の権兵衛峠へ移動し、そこから、登山です。
登山口には立派な案内看板ができていました。

f:id:yamadaken1:20200620215847j:plain

立派な案内看板

ここにも道標を設置して、登山スタートです。

皆の努力のおかげで、登山道はどんどん歩きやすくなってきていますが、笹も負けてはいません。新芽が随所に出てきています。この笹の生命力を感じながら、登っていきます。
途中、ワイワイ言いながら、道標を設置しながら、楽しく登っていき、4時間程度で経ヶ岳山頂に到着しました。

山頂で休んでいた登山客から「そっちに道があるんですか?」とたずねられたので、権兵衛峠ルートを宣伝しておきました。

ここで、山頂に設置する道標を設置します。

f:id:yamadaken1:20200620215925j:plain

山頂に設置した道標

山頂で新たな倒木があり、山頂近くの登山道を塞いでいたので、皆で倒木を切り、きれいにしました。

帰りは、いま来た道を帰りましたが、山頂から権兵衛峠は、私としては初めての体験でした。
帰りは2時間程度でした。

楽しい1日でした。

 

17.3km峠走

今日は仕事が休みだったので、峠走をしてきました。

f:id:yamadaken1:20200615160943j:plain

標高グラフ

今日も25km峠走と同じコースを走り、もう少し距離を伸ばしたいなと思っていましたが、走り始めてみるとあまり調子がよくありませんでした。前回、7分台で走れたところが7分台で走れません。いろいろ疲れが残っているのかもしれません。
あまり、無理をすると明日の仕事に支障が出るので、ゆっくりと無理せず登ることにしました。このコースは2km地点に分岐があり、この分岐を折れると日和って下りを走ることができます。最初は日和ってしまおうかとも考えましたが、成功体験の反対の失敗体験になってしまいそうなので、日和らず、上を目指すことにしました。調子が悪くても〇〇km登れたという成功体験にしたいと考えました。
スピードは出ないですが、淡々と登っていきました。1時間登ったところで、お約束のエナジージェル投入。これで少しは元気が出ました。

8.7kmくらい登るとチェックポイントがあるので、今日はここまでにして下ってきました。

行きが1:12'13"
帰りが0:55'47"
合計 2:08'00"
相変わらず帰りが遅いですね。

f:id:yamadaken1:20200615161026j:plain

記録概要


 25km走ったときより平均ペースが遅いです。
逆に調子が良ければ、このくらい走れると思うことにしました。

 

25km峠走

SF-850PBは24.863 kmと言っていますが、行きは12.56kmだったので、25kmでいいでしょう。
峠走をしてきました。

f:id:yamadaken1:20200530173644j:plain

標高グラフ

行って帰って来たのに、なんで左右対称にならないのか不思議ですが、木々が多いコースなので、GPSがうまく補足できないのでしょう。

新緑が美しいコースでした。
スマホは持っていたのですが、真面目に走って、写真は1枚も撮りませんでした。

傾斜はそれほどきつくないので、登りは概ね7分台/kmで走れました。

行きが1:34'46"
帰りが1:15'53"
合計 2:50'39"
帰りが遅いですね。疲れたんでしょうね。もっと頑張らなければですね。
それでも3時間切りができたので、よしとしましょう。

f:id:yamadaken1:20200530173739j:plain

記録概要

 

登山道探検

カテゴリーは経ヶ岳バーティカルリミットとしましたが、大会とは関係ない経ヶ岳ネタです。

yamadaken1.hatenablog.com

の最後で
「7合目へ向かう尾根へのコース候補-01 からの水平移動も検討して見ようかと思います。」と書きましたが、それに挑戦してみました。

伊那側ゲートまで来るまで行き、そこから出発です。
1700m付近の水平移動が意外に歩きやすかったので、甘く見たのが間違いでした。

f:id:yamadaken1:20200524212134j:plain

道なき道

写真で見るような道なき道で、この後、深い笹に遭遇し、写真を撮る間もありませんでした。

7合目尾根の1494m地点に到着しました。

f:id:yamadaken1:20200524212307j:plain

GeographicaによるGPS捕捉

ちょっとこの道はいただけません。

作戦を変更して、他の道を探すことにしました。

こんな感じで歩きました。

f:id:yamadaken1:20200524212610p:plain

地理院地図

どうも思い描いた道に出会えずにいたところ、
新たな候補入り口に出会いました。

f:id:yamadaken1:20200524212710j:plain

新たな候補入り口

ここから登ったルートはちょっと怖いところもありましたが、本日の中では一番いいコースでした。

f:id:yamadaken1:20200524213306p:plain

新たな候補コース(地理院地図)

結果的に本日はこんなコースを歩きました。

f:id:yamadaken1:20200524213514p:plain

本日のコース(地理院地図)

 

経ヶ岳友の会登山道整備

カテゴリーは経ヶ岳バーティカルリミットとしましたが、大会とは関係ない経ヶ岳ネタです。

本日
経ヶ岳友の会

の登山道整備に参加してきました。

権兵衛峠から北沢山までの登山道整備です。
2班に別れ、1班は森林組合作業道を軽トラで進み、その終点から登って、登山道と合流したところから北沢山周辺まで。2班は権兵衛峠から合流点までの担当です。
私は1班で作業しました。

作業途中の風景です。

f:id:yamadaken1:20200523205743j:plain

作業途中

 

北沢山には割と早く到着したので、皆が休んでいる間に、北沢山から1412mへ向かう道の笹刈りを行いました。

ここは笹原です。

f:id:yamadaken1:20200523205831j:plain

笹原を刈り進む

Geographicaを見ながら進み、目立つところで作業終了にしました。

f:id:yamadaken1:20200523205916j:plain

作業終了の場所

f:id:yamadaken1:20200523205936j:plain

GeographicaによるGPS捕捉

本日のルートです。

f:id:yamadaken1:20200523210016p:plain

本日のルート(地理院地図)

 

登山道探検

カテゴリーは経ヶ岳バーティカルリミットとしましたが、大会とは関係ない経ヶ岳ネタです。

yamadaken1.hatenablog.com

で紹介している 7合目へ向かう尾根へのコース候補-01 周辺の探検に行ってきました。

本日の目的は3つです。
1.7合目へ向かう尾根(以下7合目尾根)への道の確認
2.1711m地点への近道確認
3.7合目尾根と経ヶ岳林道の交点(経ヶ岳林道からの入り口)を探す

まず、伊那側ゲート前駐車場まで車で行きました。

f:id:yamadaken1:20200518203406j:plain

伊那側ゲート前駐車場の位置(Geographica)

ここから経ヶ岳林道を徒歩で進み、「7合目へ向かう尾根へのコース候補-01」地点へ向かいます。

そして、ここから7合目尾根へ向かって登り始めます。
途中からかなり笹が深くなってきました。

f:id:yamadaken1:20200518203514j:plain

かなり笹が深い

斜度も急で、滑りやすい箇所もあり、この道は、あまりおすすめできません。

それでもなんとか7合目尾根へ到着しました。

f:id:yamadaken1:20200518203601j:plain

GeographicaによるGPS捕捉

ツツジが綺麗でした。

f:id:yamadaken1:20200518203642j:plain

ツツジが綺麗

次の目的の「1711m地点への近道確認」ですが、闇雲に探すより1711m地点から探したほうが良いだろうと1711m地点へ向かいます。
ただし、1711m地点からの道を見逃してしまい、1,829m付近のピークまで来てしまいました。

f:id:yamadaken1:20200518203732j:plain

GeographicaによるGPS捕捉

ここから引き返し、1711m地点へ向かいます。1711m地点手前から1700m付近の水平移動を試みました。
Geographicaを見ながら1700mくらいの標高を維持しながら、7合目尾根へ向かいます。
これが、意外に歩きやすかったです。

f:id:yamadaken1:20200518203838j:plain

7合目尾根にたどり着いたところ(Geographica)

7合目へ向かう尾根へのコース候補-01からの登りが芳しくなかったので、このまま7合目尾根を経ヶ岳林道へ向かうことにしました。

経ヶ岳林道と7合目尾根の交点を探す、第3のミッションです。
ここからの7合目尾根はときに背の高い笹のアーチ状の箇所もありましたが、道は比較的わかりやすかったです。

但し、経ヶ岳林道付近が険しく、経ヶ岳林道に降りるのに難儀しました。

こんなところに降りてきました。

f:id:yamadaken1:20200518203953j:plain

経ヶ岳林道と7合目尾根の交点

f:id:yamadaken1:20200518204019j:plain

GeographicaによるGPS捕捉(ちょっと位置がずれている感じ)

こんな場所もありました。

f:id:yamadaken1:20200518204100j:plain

経ヶ岳林道と7合目尾根の交点候補

f:id:yamadaken1:20200518204120j:plain

GeographicaによるGPS捕捉

さらに、こんな場所もありました。

f:id:yamadaken1:20200518204216j:plain

経ヶ岳林道と7合目尾根の交点候補

f:id:yamadaken1:20200518204244j:plain

GeographicaによるGPS捕捉

ここは、伊那側ゲートのそばなので、伊那側ゲートから取り付くには容易だと考えて少し登ってみましたが、あまり魅力的ではありませんでした。

7合目尾根へのアクセスが課題ですね。
7合目へ向かう尾根へのコース候補-01 からの水平移動も検討して見ようかと思います。

本日のルートです。

f:id:yamadaken1:20200518204331p:plain

本日のルート(地理院地図)