山田健一のブログ

業務に強いフリーITエンジニア 山田健一のブログです

地図にない道探検(2021-07-31)

yamadaken1.hatenablog.com

の続きです。

前回は迷走した感じだったので、Geographicaを見ながら、ルートを確定させようと思いました。

ルート確定が主目的なので、スタート地点までは車で行きました。

スタート地点から進んでいくと、前回とは違うコースをたどったみたいで、直降する感じのところに着きました。後で確認したところ前回よりも水平方向に移動したようです。
地形は直降する感じですが、赤テープがあるので、道に間違いはないようです。
下るには若干骨ですが、登りはそれほど問題ないだろうと降りていきます。
すると、前回も見た覚えがある(違法投棄物が目立つ)場所に到着しました。
この場所から水平方向に道が続いていて、前回はその道を進み崖まで行ってしまったのですが、それより手前に降りる道がありそうなことは前回の軌跡から想像していました。
その道を少し進むと右側に赤テープを発見しました。そこから下を見ると赤テープが見えます。直降気味ですが、その道を降りることにしました。
この道も降りるには骨ですが、登るには問題なさそうです。
程なく前回の登り口に到着しました。

f:id:yamadaken1:20210731144621j:plain

前回の登り口

大体ルートの感じはつかめたので、送電線ルート出口からのログを取ろうと思い、送電線ルート出口まで行きました。そこから、水路道入口まで登っていきます。
登り始めると前回水平方向にたどった道と反対方向に直登する道の分岐に着きました。
分岐と言ってもどちらの道も明瞭ではないため、分岐というほどのものではありません。
「あー。前回はここで間違えたんだな」と思い、左方向の直登ルートを進みます。
左方向の直登ルートには赤テープがありますし、今回降りてきたので自信を持って登ることができます。

今回の道のイメージはこんな感じになります。

f:id:yamadaken1:20210731144817j:plain

イメージ図

AからBに直登し、BからCへほんの少し水平移動してCからDへ直登、Dから水路道入口まで水平より若干登りながら進むという感じです。

しかし、例によって「なんとかと煙」でDを見過ごして登ってしまいました。上方にガードレールが見えてきたので、引き返し、Dと思われるところで左に行きました。

なんとか水路道入口まで到着しましたが、軌跡ログが汚くなったと思い、再度送電線ルート出口へ向かいました。

送電線ルート出口から水路道入口まで登り、2往復目でようやくきれいなログが取れました。

f:id:yamadaken1:20210731144958p:plain

ルート図_地理院地図

f:id:yamadaken1:20210731145027j:plain

ルート図_Geographica

道のおさらいです。

f:id:yamadaken1:20210731144621j:plain

A地点

送電線ルート出口から橋を渡って左に曲がり、3本目の電柱のところです。

f:id:yamadaken1:20210731145134j:plain

A地点上

B地点の写真は撮り忘れました。

f:id:yamadaken1:20210731145217j:plain

C地点

私が巻いたテープは正規の目印テープではないため、剥がれてしまうかもしれません。
違法投棄物はあまり見たくないので写真には入れませんでしたが、当面の目印になります。ここを右方向に直登します。

f:id:yamadaken1:20210731145345j:plain

D地点

2つの赤テープを目印に青矢印方向に進んでください。

D地点からの道が少し分かりづらいですが、最悪D地点から直登して舗装路に出ても良いかと思います。


Reliveの軌跡動画です。
短い距離を行ったり来たりしているので、面白くないですね。
もう少し拡大してくれると面白かったと思うのですが。。。

地図にない道探検(2021-07-29)

yamadaken1.hatenablog.com

の続きです。

水路道入口と送電線コース出口を結ぶ道がないか探検しました。

水路道入口はいい道なので、この道につながる道があるだろうと考えました。


スタート地点まではbikeで行きました。

 

f:id:yamadaken1:20210729212409j:plain

スタート地点(水路道入口)

ここから道の反対側を見るとこんな感じです。

f:id:yamadaken1:20210729212505j:plain

水路道入口の反対側

ガードレールの右側に道がありそうです。
近づいてみると多少荒れてはいますが、道が続いています。方向も送電線コース出口の方向です。
ワクワクしながら進んでいきます。

多少、整備や清掃が必要な感じですが、道としては続いています。

いい調子で進んでいたら、崖に突き当たりました。

f:id:yamadaken1:20210729212559j:plain

f:id:yamadaken1:20210729212642j:plain

崖の位置(Geographica)

今まで来た方向の4時方向(右斜め後ろ方向)に道が見えます。

f:id:yamadaken1:20210729212758j:plain

道が見える

少々あるき辛いですが、進んで行くと送電線コース出口にほど近い舗装路に到着しました。

f:id:yamadaken1:20210729212852j:plain

降りてきた場所(Geographica)

舗装路側から降りてきたところを見るとこんな感じです。

f:id:yamadaken1:20210729213041j:plain

降りてきた場所

ここから下を眺めると電柱2本のすぐ下左側に工事看板が見えます。ここを右に曲がると橋があり、直ぐ側に送電線コース出口があります。

f:id:yamadaken1:20210729213135j:plain

送電線コース出口方向を見たところ


他に登る道がないか探しながら工事看板まで降りていきました。
なんとなく登れそうな箇所はありましたが、そこを登っても水路道入口から離れる格好になりそうなので、引き返して降りてきた道を目指します。

降りてきた道は今ひとつ目立たないので通り過ぎてしまいましたが、もっと明確な登り口を発見しました。

f:id:yamadaken1:20210729213244j:plain

明確な登り口

ここから登ると赤テープや踏み跡もあり、わかりやすいです。

「それほど急傾斜ではないけれど、ロープでもあると嬉しいかな?」とか考えながら登っていきます。

例によって「なんとかと煙」なので、登りすぎてしまいました。
来た道を通り過ぎて、舗装路まで登ってしまいました。

f:id:yamadaken1:20210729213400j:plain

登ってきたところ

f:id:yamadaken1:20210729213428j:plain

登ってきたところ(Geographica)

今日のところはここまでとして、スタート地点まで戻り、bikeで帰りました。

探検したルート図(地理院地図)です。

f:id:yamadaken1:20210729213504p:plain

探検したルート図(地理院地図)

赤が往路で緑が復路です。

往路の崖に付く前を復路で横切っている感じなので、このルートをGeographicaに表示させて進むことで、最適な道が探せそうです。

この道が最適化されれば、送電線コースの魅力が増すと思います。

 

reliveの軌跡動画です。

水路道探検(2021-07-21)

yamadaken1.hatenablog.com

の続きです。

地図から見ると、水路横の道(水路道と命名)には、しっかりした道路が接続されているように見えます。
多少舗装路は増えますが、わかりやすい・走りやすい道を選ぼうと思いました。
更に、トンネル手前から権兵衛トンネル道路の下をくぐることができれば、道として楽なのではないかと考え、探検に行きました。

スタート地点までbikeで行くか、RUNで行くか迷いましたが、bikeで行くと、bikeまで戻る必要があるため、RUNで行くことにしました。

ここがスタート地点です。

f:id:yamadaken1:20210724160615j:plain

スタート地点

f:id:yamadaken1:20210724160645j:plain

スタート地点(Geographica)

しっかり地図通りの道が続いています。

地図通りに折り返して進むと階段が見えてきました。

f:id:yamadaken1:20210724160723j:plain

階段

この階段を登ると水路道に着きました。

f:id:yamadaken1:20210724160806j:plain

下流方向

f:id:yamadaken1:20210724160831j:plain

上流方向

上流方向に進みます。

途中、上へ登るための橋のようなものがありました。

f:id:yamadaken1:20210724160907j:plain

上へ登るための橋のようなもの

ここは、ちょっと登りにくそうだったし、まだ場所的に権兵衛トンネル道路の橋の手前なので、パスします。

もう1箇所ありましたが、ここもパス。

3箇所目は割と登りやすそうです。

f:id:yamadaken1:20210724160949j:plain

3箇所目

f:id:yamadaken1:20210724161012j:plain

3箇所目(Geographica)

場所的にも有望です。

念の為、先へ進むとトンネルに着きました。
そこで、先程の場所に戻り、登って見ることにしました。

人の歩いた跡もあり、木に赤いテープもあります。
ただし、私が進みたい方向と反対方向に道があるような感じです。

開けた場所に出ました。

f:id:yamadaken1:20210724161048j:plain

開けた場所

正面のガードレールは権兵衛トンネル道路のものです。

権兵衛トンネル道路はそこそこ交通量が多いので、渡りたくはありません。
この先に橋があるので、その下をくぐる道を探します。
しかし、通りやすい道は発見できませんでした。
しかたがないので、上から探すことにして、権兵衛トンネル道路を横断して、前回登ってきた地点まで舗装路を進みます。
前回の地点から降りて権兵衛トンネル道路の橋の下に出ました。

f:id:yamadaken1:20210724161159j:plain

権兵衛トンネル道路の橋の下

赤いテープがあるので、道がありそうです。
ちょっと降りて見ましたが、あまり歩きやすくなかったので、諦めて戻りました。

おすすめの道は今回の水路道と前回のトンネル横からの登りとなります。

橋の下から登る道の写真を1枚。

f:id:yamadaken1:20210724161237j:plain

橋の下から登る道

苔むしたコンクリートの塊のようなものを目指して登ります。

ここからは舗装路まですぐそこです。

今日はここまでにして帰路に着きました。

次回は送電線ルート出口からの近道などを探そうと思います。


reliveの軌跡動画です。

ササユリ街道bike&トレラン(2021-07-23)


yamadaken1.hatenablog.com

のとき、ササユリの咲き具合が「1週間後くらいがちょうど良さそうだな」という感じだったので、本日ササユリ街道に行ってきました。

ササユリ街道というのは私が勝手に名付けたのですが、北沢山からコイノコに向かう登山道の周りにササユリがたくさん咲いています。

まずは権兵衛峠へ向かう必要がありますが、昨日も走っているのでRUNでは大変だと思い、bikeで行くことにしました。

経ヶ岳林道は標高も高く、木々が程よく木陰を作ってくれるので、猛暑の日でも快適に登ることができます。

約1時間走ったところで、水場に到着しました。

f:id:yamadaken1:20210723205144j:plain

水場

ここで、水分とエナジージェルを補給し、軽く休んでからまた登っていきます。

権兵衛峠へ到着しました。

f:id:yamadaken1:20210723205222j:plain

権兵衛峠

前回は1時間35分で着いたのですが、今日は1時間49分かかってしまいました。
木陰で涼しいとはいえ、やはり気温が高いとスピードが落ちるものなのでしょうか?

トイレで水分補給して、ササユリ街道へ向け出発です。

自分で思っていた以上に疲れているらしく、登りは歩くのが精一杯でした。
アンテナピークに到着しました。

f:id:yamadaken1:20210723205315j:plain

アンテナピーク

時刻が11:00だったので、早お昼で、持参したパンの1/3を食べてエネルギー補給して出発です。
ここからは傾斜がゆるいので、なんとか走れます。

岳見岩の少し手前でササユリ発見。

f:id:yamadaken1:20210723205403j:plain

岳見岩の少し手前のササユリ

北沢山周辺には目立ったササユリはありませんでした。

しかし、コイノコに向かうとしばらくしてササユリ街道が始まります。

f:id:yamadaken1:20210723205548j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723205625j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723205700j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723205730j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723205758j:plain

ササユリとツーショット

f:id:yamadaken1:20210723205828j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723205904j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723205933j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723210338j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723210659j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723210755j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723210839j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723210910j:plain

ササユリとツーショット

f:id:yamadaken1:20210723210936j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723211003j:plain

ササユリとツーショット

f:id:yamadaken1:20210723211028j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723211100j:plain

ササユリとツーショット

f:id:yamadaken1:20210723211138j:plain

ササユリとアヤメ

f:id:yamadaken1:20210723211218j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723211301j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723211331j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723211358j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723211423j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723211449j:plain

ササユリ

f:id:yamadaken1:20210723211517j:plain

ササユリとツーショット

ちなみにこれらの写真はツーショット写真も含めてすべて登山道から撮っています。
登山道を外れることなく多くのササユリと会えるのがササユリ街道の魅力です。

コイノコに到着しました。

f:id:yamadaken1:20210723211632j:plain

コイノコ

ここで昼食を取り、権兵衛峠へ戻ります。

ササユリ街道ではまた多くのササユリと会うことができました。

権兵衛峠へ到着したら、トイレの水道で顔を洗ったり、頭から水をかけたりと軽い休憩をして帰路に着きました。

下りのbikeはほとんど体力を使わないのでいいですね。

今日もいい1日でした。


reliveの軌跡動画です。

沢登り-仲仙寺コース探検(2021-07-22)

先日、権兵衛峠から遊歩道を下ったとき、道がわからなくなったので、「次からは送電線コースだよな」と思っていました。

送電線コースも楽しいコースなんですが、送電線コース出口から廃道入口までの舗装路が長いので、何かいい道がないかなあと地図を眺めていたところ、良さそうな場所を見つけました。
当然のごとく、地図には道がありません(実際には入口部分だけ道があります)。
しかし、地図にない道を探検してきた経験とカンから「絶対に行ける」と決めつけて、探検に行きました。
行けると信じているのでスタート地点まではRUNで行きました。

ここがスタート地点です。

f:id:yamadaken1:20210722212459j:plain

スタート地点(Geographica)

スタート地点近くには、送電線コース出口方面へ伸びるトレールもあります。

f:id:yamadaken1:20210722212541j:plain

送電線コース出口方面へ伸びるトレール


このトレールは歩いたことがありますが、送電線コース出口とうまくつながる道はまだ発見できていません。

今回のルートがつながったら、また探検しようと思っています。

今回の入口です。ちょっと写真がボケていますね。

f:id:yamadaken1:20210722212623j:plain

今回の入口

地図に線がある通り、道になっていますが、すぐに密林風になります。

f:id:yamadaken1:20210722212707j:plain

密林風

これは覚悟の上なので、ここで手袋、保護メガネ装着して登ります。
以前に経ヶ岳7合目につながる尾根へ直登したときよりも登りやすいです。
枯れた沢登りのような場所もあり、楽しめますが、斜度はキツめです。
そうこうしているうちに、水路に到着しました。

f:id:yamadaken1:20210722212747j:plain

水路

f:id:yamadaken1:20210722212821j:plain

水路の位置(Geographica)

水路の横に歩きやすい道がついているのでその道を上流方向に進みます。
水路は斜度はきつくないので楽に進めると思っていると、トンネルに到着しました。

f:id:yamadaken1:20210722212914j:plain

トンネル

トンネルの中に入るのは怖いので、上の方に進みます。
しばらく登ると権兵衛トンネル道路の下をくぐる箇所に到着しました。
ここで、カモシカさんを見ることができました。
離れた位置を大きな音を立てて走っていきました。
写真を撮るどころか、スマホを出す暇もありませんでした。

人が歩いた跡も見えるので、登っていくと、舗装路に到着しました。
計画通り、道が繋がりました。

f:id:yamadaken1:20210722213002j:plain

舗装路側から来た方向

f:id:yamadaken1:20210722213036j:plain

舗装路到着の位置(Geographica)

Geographicaで位置を確認し、どちらへ進むか判断します。
ところが、本来上へ登るべきところ、目指す道の位置を間違えて、下に下ってしまいました。
下へ下ると権兵衛トンネル道路に交差します。

f:id:yamadaken1:20210722213115j:plain

権兵衛トンネル道路に交差


ここで気づけば、良いのに、左方向にトレールが見えるので、そちらに進みます。
しかし、景色に見覚えが全く無いので、改めてGeographicaで現在地を確認し、間違いに気づいて、元の道を戻ります。

登ってきた地点を過ぎ、本来行きたかった道へ曲がります。ここを少し下れば、廃道-仲仙寺コースと合流する鉄塔への道があります。

その後は順調に仲仙寺を目指しました。

経ヶ岳自然植物園です。

f:id:yamadaken1:20210722213206j:plain

経ヶ岳自然植物園

いつもの展望台です。

f:id:yamadaken1:20210722213245j:plain

展望台

今日のコース全体図です。

f:id:yamadaken1:20210722213331p:plain

コース全体図

スタート地点付近拡大図です。

f:id:yamadaken1:20210722213402p:plain

スタート地点付近拡大図

拡大図を改めて見ると、水路脇の道をたどったほうが道がわかりやすそうな気もします。
水路脇の道をたどるのであれば、権兵衛トンネル道路下をくぐる道も別ルートがありそうです。

送電線コース出口からの道も含めて、もう少し調査すれば、より楽しい道が発見できそうです。

reliveの軌跡動画です。

ササユリ鑑賞会+経ヶ岳山頂から権兵衛峠+遊歩道途中まで(2021-07-17)

経ヶ岳友の会の「ササユリ鑑賞会」に参加しました。
権兵衛峠から北沢山-コイノコなどを経て、経ヶ岳山頂へ向かいます。

今日は天気もよく、アンテナピークからの景色がきれいだったのでパチリ

f:id:yamadaken1:20210717214244j:plain

アンテナピークからの景色


途中の岳見(たけみ)岩で名前の入った杭を皆で協力して、設置しました。
ついでに岳見(たけみ)岩からの絶景をパチリ

f:id:yamadaken1:20210717214327j:plain

岳見(たけみ)岩からの絶景


北沢山周辺はササユリがたくさん自生しています。
今日は北沢山頂上の少し手前でたくさんのササユリに会えました。

 

f:id:yamadaken1:20210717214413j:plain

北沢山頂上の少し手前のササユリ

さらにその周辺のササユリです。

f:id:yamadaken1:20210717214456j:plain

北沢山頂上の少し手前周辺のササユリ

写真が拡大できたら拡大して見てください。

もう1枚

f:id:yamadaken1:20210717214629j:plain

北沢山頂上の少し手前周辺のササユリ


写真だと見づらいですね。現地へ行って見てください。
来週はもっとたくさんのササユリを見ることができると思います。

北沢山からコイノコに向かう道はササユリ街道です。多くのササユリを見ることができます。

f:id:yamadaken1:20210717214803j:plain

ササユリ街道のササユリ

f:id:yamadaken1:20210717214852j:plain

ササユリ街道のササユリ

f:id:yamadaken1:20210717214935j:plain

アヤメ山のアヤメ

f:id:yamadaken1:20210717215005j:plain

岩場展望地からの展望

頂上到着です。

f:id:yamadaken1:20210717215043j:plain

経ヶ岳頂上

頂上でお昼を食べて、少し休憩してから、下りは走って権兵衛峠-遊歩道-廃道-仲仙寺と行く予定で出発しました。

コイノコまでは約30分で到着しました。
北沢山までは約40分
アンテナピークまでは約57分
権兵衛峠までは約72分で到着しました。
トイレの水道で顔を洗い、エナジージェル投入&水分補給&小休憩で5分後に出発しました。

草が元気になっていて道がわかりづらくなっています。
なんとか、土砂崩れ箇所に到着しました。
土砂崩れ箇所は比較的スムーズに通過できたのですが、この後、道が不明瞭になってきました。
GeoGraphicaで確認しても道を外れてはいないようです。
ただし、どうにも道が不明瞭なので、諦めて権兵衛峠へ戻りました。
権兵衛峠で経ヶ岳友の会メンバーを待ち、車に乗せてもらい帰路につきました。

楽しい1日でしたが、遊歩道は残念です。最近低山登山が見直されてきているので遊歩道の早期復活を望みます。

reliveの軌跡動画です。

ササユリ鑑賞ハイク(2021-07-11)

昨日2時間ちょっと走っても体重が思うほどには落ちなかったので、ササユリ鑑賞ハイクと称して経ヶ岳方面に行きました。

ササユリ前線が標高を押し上げているので、4合目までには見つからないだろうなと思いながら進みました。

仲仙寺ではアジサイが綺麗でした。

f:id:yamadaken1:20210711205400j:plain

仲仙寺のアジサイ

やはりササユリは見つかりません。
そのうち上の方から「ヤッホー」という子供の声が聞こえてきたので「ヤッホー」と返しながら進みました。

標高1280m付近で追いつきました。
大人と子供のグループでした。
「4合目はまだ先ですか?3合目ってことはないですよね?」
と聞かれました。
「こっちはいきなり4合目からです。今1280mで、4合目は1400mくらいなので、100mちょっとです。仲仙寺から半分以上登っています。」と答えて上を目指しました。
4合目へついたところで下へ向かって「4合目到着」と声をかけました。
結局4合目まではササユリは見つけることができませんでした。

時間も遅かったので、通称4.5合目を目指すことにしました。
すると見つけました。比較的大きなササユリです。

f:id:yamadaken1:20210711205500j:plain

ササユリ


近くに枯れたササユリもありましたので、近くにないかと探しながら登りました。

残念ながら、ササユリは見つからず、通称4.5合目へ到着しました。

f:id:yamadaken1:20210711205540j:plain

通称4.5合目で自撮り

帰りにササユリとツーショット

f:id:yamadaken1:20210711205616j:plain

ササユリとツーショット

適度なトレーニングになったと思います。

relive動画です。